2017年01月16日

日記


日記を読み返す
めくるページから
粗削りな感情の吐露に会う
「○○のことが気になる気がする」
「勉強する意味がわからない」

日記を読み返す
書きなぐられた文字から
当時の僕の想いを知る
年相応の悩みが
いつだってこの胸にあり
幸せだけの僕は出てこない

かすれた記憶と 誤字 脱字
「大人になりたい」と一行
誰も楽じゃないのに周りの人たち羨んだ

冷たい言葉を吐かれても
努力が海に返っても
僕は僕のままで生きてきてるみたい
正解も不正解も載ってはない
笑顔と不満の繰り返し
今も同じだね
年相応
posted by つづけ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的な好きなフレーズ「けものみち」

「けものみち」

<なんて便利な言葉だ
 「岐路」という名の選択肢
 実は その本質は
 諦めとの二択だろう>

今 人生の岐路にいるなぁ
って思うときたまにありますけども
学生のときも
社会人になってからも
それがちゃんと岐路だったことがあまりなくて
岐路というより
やるのか、やらないのか
戦うのか、諦めるのか
そんな単純な選択を心でいくつものフィルターを通して
「岐路」という言葉で諦める選択も価値あるものしているとだけなのかと感じて
このフレーズを書きました。

でも、最近はそんなに自分に期待しなくても
追い詰めなくてもいいのかなと思ってます。
やるときはやる
でもやらないときはやらない
やらないという選択が
逃げるという選択が
確かに怠惰な気持ちからくるものであっても
たまにはそれもいいじゃないか と

短絡的にみた幸せにすがるのは間違いかもしれませんが
中長期的にみて、諦めることが幸せになる繋がることもありますよね。
誰しもが新垣結衣と結婚できるわけじゃありませんし
posted by つづけ at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする