2014年09月01日

理屈じゃなかった


前から近くにいた
意識なんてしてなかった
普通にお喋りもできた

なんでだろう
なんでだろう

昨日の表情をみてから
あなたがきらめいて見える

キラキラ光って 直視できない
あなたが昨日までのあなたじゃないように見えるのに
あなたは昨日までの私をいつも通りに扱ってくる

こんな調度いい距離なのに
今日は満足できないなぁ

もっと傍で話していたい
もっと傍で話を聞きたい

昨日までの私は知らないだろう
理屈じゃないんだ
この気持ちは
posted by つづけ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック