2015年02月26日

期待される

期待されることは嫌いだ

昔からそうだった

両親から背負わされる根拠のない期待なんて破き続けてきた

でも社会人になるときに

自分で自分に期待を背負わせた

お前は上に行ける

申し分ない仕事ができるって

でもいざ数年働いているうちに

上司からの期待も

自分からの期待も

全部 重くて捨てたくなった

挑み続けることはこんなに心を削るんだ

自分が歩む 階段の角度を
もう少しゆるめようか
どうしようか

一度ゆるめたら
二度と高いとこまでは届かないって
どこかでわかってる

心の声を聞く
くさい意味じゃなくて
本当に本当の
心の声を聞く

目をつぶり
呼吸を整えて
「どうしたい?」って
聞いてみる

無理は禁物
怠けは厳禁
どっちに転んでも
正解だよ
今の時代は
どっちも正解
posted by つづけ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414720230

この記事へのトラックバック