2015年03月14日

演じる


朝の鍵を手にして扉に差し込む
姿見に映るのは心の戸棚
飾られているのは
ほどけた肩書き
家族写真
友人からの手紙

笑顔でいれたのは馬鹿だったからじゃない
悩み込めるのは頭良いからじゃない
戻っていくこと もうできない
楽しいだけじゃ楽しくもなくなる

開けたくない扉だって
開けないといつか後悔する
不幸を演じるのはもう飽きた
悩めないくらい悩む道を進む

posted by つづけ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感嘆詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415392592

この記事へのトラックバック