2015年03月11日

夕日


一人 見ていた夕日がとても綺麗で何も言えなくなった

桜の木に邪魔な緑が差し始めた頃
言った言葉 もらった言葉
意味をなくした

どんなに晴れた日だって
浮かぶ負い目はぬぐえなくて
楽しいという言葉の
ありきたりさと頼りなさを知った

一人 見ていた夕日がとても綺麗で何も言えなくなった
一人で見ても夕日はとても綺麗で何も言えなくなった
あなたが言った言葉が胸に刺さって 二度と抜けなくなった
誰のせいにもできない 誰も悪くない そんな終わり方だった

どんなに雨の日だって
傘持つあの人は現れなくて
足元の桜 踏んで
また思うんだ 思わざるを得ない

一人で生きても世界は普通に回ってく 何も言えないように
一人で生きても季節は普通に変わってく 何も言えないように
踏ん付けていた桜が渦に巻かれて 空へと飛んでいった
一人で見ても世界は とても綺麗だ 輝いて見えるんだ
誰のせいにもできない 誰も悪くない そんな終わり方だった
posted by つづけ at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つらい経験をされた時の詩ですよね。時とともに癒されていくものとしこりとして残ってしまうものがありますね。綺麗な夕日がとても悲しい感じがしました。中学生の時から賞に入られるなんて、すごいです。それだけの作品力が今も続いてるんですね。
Posted by 心の模様 at 2015年03月11日 23:09
>>心の模様さん
コメントありがとうございます。
辛いときに綺麗なものを見ると汚れて見えるのかと思ってたけど、そうでもなくて皮肉にも綺麗なままだったよ。という詩ですね。辛い体験のあとにざざざっと書きました(^^)
一人で綺麗な景色を見るとすごく心に痛いんですよね。孤独を感じるといいますか。私にはすごく辛かったです。
中学の時に書いた詩も近々載せますね。
作品力を維持できているかは微妙な気がします(笑)
詩って上達とかするものなんですかね。とりあえず日々、頑張りますぜ
Posted by つづけ at 2015年03月12日 07:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック