2015年04月04日

これ以上書けない


創作に対する想いを詩にするのは悪い癖

自分しかわからない感情を自分に向けて書いて満足する

なんとも愚かな被害者意識

これ以上書けない

とかぼやくこともあるけど

書けないんじゃなくて 

書く労力が嫌になって

考えることが嫌になって

ほっぽりだしているだけ

考えれば書けるよ

もっと脳を叩け

感情も言葉も

いくらでも湧いてくるだろ

いくらでも傍にあるだろ
posted by つづけ at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 感嘆詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、何か、ごめんなさい。私の読解力がないだけなんです。私は何回もつづけさんの詩を読み直してしまって、最初に感じたことと、どんどん感じることが変わってくるんです。それは、自分に当てはめて読んでしまっているせいだと思います。それで、結局、つづけさんはどういう気持ちで書かれたのだろうって聞いてみたくなりました。だから、自分を責めないでください。つづけさんは、自分に厳しすぎます。
Posted by 心の模様 at 2015年04月05日 19:46
>>心の模様さん
いや、違うんです。これはずっと思ってきたことなんです。
自分の詩に関する悩みって誰に向けて書いてるんだろうって
決して、心の模様さんの言葉で自己嫌悪になったわけではないので安心してください。
頑張ってこれからも続けるので
仲良くしてください^^
Posted by つづけ at 2015年04月08日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック