2017年11月13日


あなたがポロっとこぼした言葉を覚えている
あなたがポロっとこぼした笑顔を覚えている
刺さったものはしょうがないからそっとしておいて
誰にも迷惑はかけないからそっとしておいて
あなたのことは好きだよ
どこの誰よりも好きだよ
でもこの行く末は優しくない

摘んでも踏んでも蹴とばしても根が取れなくて
笑顔を見るたび もどかしいくらいに成長する
この花を咲かせても未来はない
僕だけが傷つく現実で終わらせたい
あなたの仕草ひとつで
あなたの挨拶ひとつで
踊ってしまう心が
怖くて 嬉しくて

だからいっそ嫌ってくれ
冷たい言葉を吐くから
二度と燃えない ぬくもりもない
氷であって

今 誓います
君が幸せになるために
僕はこの感情を凍らせるよ
だから優しくしないで
僕にもう笑顔を向けないで
これ以上 僕の心を燃やさないで
目の前の愛しい人を愛せない
目の前の愛しい君を愛せない
あなたの無邪気な笑顔が大好きだったけど
これ以上 僕の心を燃やさないで
posted by つづけ at 23:19| Comment(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なびいてる



あなたの好きな食べ物をきいた それだけ
あなたの兄弟の有無をきいた それだけ

財布を忘れた日 幸先悪すぎる
宿題は机に置いたままだし 先生になんて言おう
今から戻ってたら どう頑張っても遅刻だし
最悪な始まり方 そんなこと思ってたら

あなたが同じ電車に乗っていた それだけ
あなたと目が合って「おはよう」って言われた それだけなのに

最寄り駅に着くまでのなんでもない時間が
ここ最近 比べるものがないくらい
果てしなく愛しいの
あなたが車窓から見る景色
わたしもいつも見てるのに
白い綿毛の健気なたんぽぽくん
なびいてる 笑ってる

あなたがハマってる音楽を聴いた それだけ
あなたの眠たそうな欠伸を見た それだけなのに

伝えたい気持ちの
伝えたいその訳に
目を背けて右往左往

私も馬鹿じゃない
なんとなくわかってる
答えはわかってる

改札はいつも通り
友達もいつも通り
お弁当もいつも通り
最悪も日常の一部で

夜は今日もくるだろう
明日だってくるだろう
変わらないと思っていたのに
私も馬鹿じゃない
posted by つづけ at 22:01| Comment(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

許したい


数えてみたら二桁を越えた
それが特にお守りになることもなかったけど
何度も確かめ合って 言葉にし合った
相思相愛の事実は 瞬間の感情

見てるだけで疲れる
あの愛しかった部分が
見てるだけで疲れる
帰る場所は他にもあるでしょう?

どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せない

ルール違反したあなたよりも
指摘した私のほうが悪者に見えるみたい
嫌いっていうほど嫌ってはないけど
確実にあなたが必要じゃなくなってしまった

許してほしいんだ
許せないかったことを
許してほしいんだ
あなたは心が広いんでしょ?

どうしても自分が可愛くて仕方ない
どうしても自分が可愛くて仕方ない
どうしても自分が可愛くて仕方ない
どうしても自分が可愛くて

爪は伸びるし
新しさしか求めない身体が
あなたを一生愛したいと
そう思った日もあったのに

どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せないんだろう
どうしてあなたのことを許せない
posted by つづけ at 21:37| Comment(2) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

一瞬


好きな人を好きでいつづけるために
努力をする

それはなぜ

その日だけの気分じゃだめみたい

恋は一瞬

つづけるかはあなた次第

冷たい海が冷たいまま

そのまま流れていけばいいのに
posted by つづけ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

沈め


足元がぬかるんで冷たさを感じる
そこそこ歳をとって何だかすぐに分かる
向こう岸に渡ってもいつもの渇き
この感情の行方にも検討がつく

膝まで浸かって
泥をかき分け
深いところへ進んでいく
乾かないでほしい
このまま沈んだら
息すらできなくなるけども

君はどこにいるんだろう
結局どっちに向かっても自分本意
乾いたって沈んだって
結局なにもないままだ

困らせたくはないからさ
口から出る言葉は君本意
想いむなしく
雨の中
触れるだけのキスをした

音もない二人だけ
乾いた岸辺に二人だけ

posted by つづけ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

木の下


恋をしていたんだ
あなたにだけ
あなたにだけ

忘れてしまいたい
あの日のこと
あの夜のこと

夢を見たって
叶った瞬間に
次のもの
次のこと
次のひと
届かなくなるまで

想っていたいんだって
想われていたいんだって
余ったもの
漁ったもの
誤ったもの

あの木の下で
あなたに出会ったの
あの日々に戻れたって
ずっと きっと
変わらないもの

あなたのせいにして
憧れ 恋い焦がれ
ずっと手だけ伸ばして
掴む気なんて最初からなかったことを知った

あの木の下で
一人で待ってたの
あの日々に戻りたくて
ずっと ずっと
戻りたくて

あなたのせいだよと
朝日に唄ってた
この声が枯れたとき
やっと自分のためだけに唄ってたこと知った

恋をしていたんだ
あなたにだけ
あなたにだけ

恋をしていたかった
あなたにだけ
あなたにだけ
posted by つづけ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

忘れ者


あなたを忘れたこと
今でも覚えてる
これからずっと先も
地球が何回 回っても

あなたの顔も声も
優しさだって忘れたよ
でも忘れたことは
覚えている

胸が痛む理由は
なんとなくわかってる
でもあなたをもう知らないから
答えもなくなった

あなたが優しかったこと
大型犬のように笑うこと
おいしそうにご飯を食べること
目覚ましが鳴っても起きないこと

その全てを忘れてしまったこと
今でも覚えてる
これからずっと先も
地球が何回 回っても
posted by つづけ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする