2017年02月06日

一瞬


好きな人を好きでいつづけるために
努力をする

それはなぜ

その日だけの気分じゃだめみたい

恋は一瞬

つづけるかはあなた次第

冷たい海が冷たいまま

そのまま流れていけばいいのに
posted by つづけ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

沈め


足元がぬかるんで冷たさを感じる
そこそこ歳をとって何だかすぐに分かる
向こう岸に渡ってもいつもの渇き
この感情の行方にも検討がつく

膝まで浸かって
泥をかき分け
深いところへ進んでいく
乾かないでほしい
このまま沈んだら
息すらできなくなるけども

君はどこにいるんだろう
結局どっちに向かっても自分本意
乾いたって沈んだって
結局なにもないままだ

困らせたくはないからさ
口から出る言葉は君本意
想いむなしく
雨の中
触れるだけのキスをした

音もない二人だけ
乾いた岸辺に二人だけ

posted by つづけ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

木の下


恋をしていたんだ
あなたにだけ
あなたにだけ

忘れてしまいたい
あの日のこと
あの夜のこと

夢を見たって
叶った瞬間に
次のもの
次のこと
次のひと
届かなくなるまで

想っていたいんだって
想われていたいんだって
余ったもの
漁ったもの
誤ったもの

あの木の下で
あなたに出会ったの
あの日々に戻れたって
ずっと きっと
変わらないもの

あなたのせいにして
憧れ 恋い焦がれ
ずっと手だけ伸ばして
掴む気なんて最初からなかったことを知った

あの木の下で
一人で待ってたの
あの日々に戻りたくて
ずっと ずっと
戻りたくて

あなたのせいだよと
朝日に唄ってた
この声が枯れたとき
やっと自分のためだけに唄ってたこと知った

恋をしていたんだ
あなたにだけ
あなたにだけ

恋をしていたかった
あなたにだけ
あなたにだけ
posted by つづけ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

忘れ者


あなたを忘れたこと
今でも覚えてる
これからずっと先も
地球が何回 回っても

あなたの顔も声も
優しさだって忘れたよ
でも忘れたことは
覚えている

胸が痛む理由は
なんとなくわかってる
でもあなたをもう知らないから
答えもなくなった

あなたが優しかったこと
大型犬のように笑うこと
おいしそうにご飯を食べること
目覚ましが鳴っても起きないこと

その全てを忘れてしまったこと
今でも覚えてる
これからずっと先も
地球が何回 回っても
posted by つづけ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

なんと見事なことなのでしょう


遊びのように
傍にいた君には
見えない光があるんだ
僕には遠くに見える

どうするかは君が決めて
どう転んだとしても

なんと素敵なことなのでしょう
どんな君でも許すことができる僕が
これ以上 僕で縛りたくないと
許した上で解放した

なんと綺麗なことなのでしょう
どんな言葉もいらないよと
さよなら一つで 首輪を解いた
許した上で君から離れた

でもどうするかは君が決めて
引き留めるなら引き留めればいい
言葉があるのなら叫べばいい
どう転んだとしても
バッドエンドだけど

posted by つづけ at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日


答えが出るまで 長かった
答えが出たら 崩れてた
答えに応える人はいなくて
答えはもう間違いだった

苦し紛れ 夜に溶け
思いの丈を黒に染める
目を瞑ってもあなたはいるから
右脳も左脳も黒に染める

思い返すとあの涙
あなたに向けて流してた
思い返すとあの笑顔
あなたに向けて笑ってた

私の日常の全てが
どこか欠けて壊れてる
楽しかったものも全て
どこか欠けて壊れてる

欠片はわかるよ
そこにある
そこにあるけど触れられない

欠片はわかるよ
傍にある
傍にあるけどわたしのじゃない

気付かれてはいけないことだから
心の中で消化した
でも消しきれぬものは残るから
その想いだけ口にした

「ありがとう」
言葉の意味はあなたに任せる

「ありがとう」
こんな言葉じゃ 何も伝わらないけれど

これ以上は黒に染めている
これ以上 何もなかったと
これ以上は黒に染めている

だからあなたは喜ぶだろう
言葉の意味が浅いから
だからあなたは喜ぶだろう
私の想いが見えぬから
posted by つづけ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

一度燃え上がったら


これ以上 素敵な表情を見せないでほしい
限界なんてなく浸ってしまう

好きにも上限があると思っていたけど
考えを改める
あなたが日々 飛び越えてしまうから

夢見がちな日常が
夢じゃなくても輝き始め
心躍るという意味を知る

好きが先行しすぎて
ほかの感情が迷子状態
助け船も沈んだ

毎日染まってるこの胸
華やかで鮮やかな模様に
大きな木の影を見ると
待ち合わせ場所を見つけた気分になる

雨宿りという行為にも
何故か幸せがともなって
横顔も 濡れた髪も
この想いに油を注ぐんだ

燃え上がったのならば
どうか一生消えないで
この想いが 一時のものだったなんて
そんな風に思い返すのは嫌だから

posted by つづけ at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする