2017年01月16日

個人的な好きなフレーズ「けものみち」

「けものみち」

<なんて便利な言葉だ
 「岐路」という名の選択肢
 実は その本質は
 諦めとの二択だろう>

今 人生の岐路にいるなぁ
って思うときたまにありますけども
学生のときも
社会人になってからも
それがちゃんと岐路だったことがあまりなくて
岐路というより
やるのか、やらないのか
戦うのか、諦めるのか
そんな単純な選択を心でいくつものフィルターを通して
「岐路」という言葉で諦める選択も価値あるものしているとだけなのかと感じて
このフレーズを書きました。

でも、最近はそんなに自分に期待しなくても
追い詰めなくてもいいのかなと思ってます。
やるときはやる
でもやらないときはやらない
やらないという選択が
逃げるという選択が
確かに怠惰な気持ちからくるものであっても
たまにはそれもいいじゃないか と

短絡的にみた幸せにすがるのは間違いかもしれませんが
中長期的にみて、諦めることが幸せになる繋がることもありますよね。
誰しもが新垣結衣と結婚できるわけじゃありませんし
posted by つづけ at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

個人的な好きなフレーズ「最寄りの駅まで」

「最寄りの駅まで」

<仕事も 恋愛も 信号も 全部青で
 遮る ものがない
 切符は往復分
 巡る日々の中で
 遅れてきた夏休みの花が開いたよ>

社会人になってからというもの
恋愛も仕事も何もかも閉鎖感があって
縛られてうっとうしくて
行く道行く道で邪魔される感覚だったのですが
寝る時間を増やして
心の整理をしてみたら
遮ってたのはなんだったんだろうってくらい
意外と何も邪魔してきたわけじゃなかったんだって気になったんです。

遅れてきた夏休み っていうのは
夏休みは学生だけのもので
もう一生味わうことのできない解放感だと思ってたのですが、
社会人二年目に
花が開いたような解放感を見つけて
遅れてきた夏休みだってなったんです。

最寄りの駅までの数分
これからも顔をあげて歩いていこうと思います。
posted by つづけ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

「つづけること」 解説


今日は、「つづけること」という詩の解説を行っていきます。

ブログ名と同じ名前の詩ですので、
すごい考えて
読み直して
書き直して
たっぷり時間をかけて作りました。

個人的にはブログの看板となる詩だと思っています。


つづけること

続きを読む
posted by つづけ at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

詩の解説 「球児の夢」


今日は詩の投稿をお休みします。

代わりといってはなんですが、
過去に投稿した詩の解説をやってみようかなと思います。

今日 現在で41作 投稿しているみたいで
自分自身では結構書いたなぁと思ってたりします。

詩は読み手に好きなように解釈してもらうのがベストだと思うんですけど、
私自身、作詩家や歌手の方の「モノ作り」の裏話を見るのが好きなので
私もそんなことしてみたいなと思って今日は挑戦してみます。

解説する詩はこれ
「球児の夢」
続きを読む
posted by つづけ at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする